注目キーワード
  1. 年金
  2. 老後
  3. 資産
  4. 副業

老後2000万円問題とは?~ゆとりある老後を送るために今やるべきこと~

老後2000万円問題とは?

最近巷で噂になっている「老後2000万円問題」
その内容を簡単にまとめると以下のようになります。

  • 日本は高齢化社会が進行し、「人生100年時代」と呼ばれるまでになった
  • 老後の毎月の収入は約21万円、支出は約26万円で、不足分が約5万円
  • 老後を30年と考えれば、約5万円×12ヵ月×30年で約2000万円が不足することになる
  • 日本は70歳以上でも就労意欲が高い
  • 老後の支えの1つとなる退職金給付が近年減少傾向にある
  • 65歳時点における保有金融資産は、夫婦世帯で2252万円、単身男性で1552万円、単身女性で1502万円
  • 老後が長くなり、退職金が減少する中では、資産寿命を延ばすことが重要
  • 自分のライフプランを「見える化」して、今から必要な対策を講じる必要がある

これまでさんざん年金は「100年安心」と言っておいて、蓋を開けてみればこのありさまです。

「国はもう老後の面倒をみません」と、政府が国民を切り捨てているといっても過言ではありません。
いっそのこと年金は要らないから、毎月天引きされる年金保険料を、貯金や投資に回させてほしいと思います。

余計な支出を抑えれば最低限の生活はできる?

総務省の平成28年家計調査年報によると、高齢夫婦無職世帯の生活費は、1ヶ月あたり約26.8万円がかかるとなっています。
対して、収入は約22.1万円。
1ヶ月あたり約4.6万円の不足が生じることとなります。
ただし、支出の内訳をみると約8万円が「教養娯楽費と、その他の消費支出(飲み代、小遣い代、仕送り代、タバコ代など)」となっており、それらを差し引けば最低限必要な日常生活費は賄える計算になります。

ですが、せっかく定年まで頑張って働いてやっと引退できたのに、自分のやりたいことが満足にできない老後なんて寂しすぎると思いませんか?

たとえば私の場合

  • 大切な人との海外旅行
  • 孫にプレゼントを買う
  • 趣味のゴルフ
  • 週に一回はおいしい食事を食べに行く

などにお金を使いたいと思っています。

せっかくの長いセカンドライフですから、できれば生きがいを感じられる生活にするためにお金を使いたいものです。

老後は働かなくなった分、余暇の時間がたっぷりあります。

「ゆとりある老後生活費」がないとその時間を無駄に持て余すことにもなりかねません。
暇な時間がずっと続くというのはなかなか地獄なのではないでしょうか。

老後はいつまで続くのか

老後がいつまで続くのかを自分で事前に知ることはできません。

そこで、日本の平均寿命を参考にしてみましょう。厚生労働省の「平成29年簡易生命表」によれば、男性は81.09年、女性が87.26年となっています。
もちろん、この平均寿命はあくまでも「平均」であって、この年齢で老後が終わるという話ではありません。
医療は年々進歩していますし、2,30年先の未来では平均寿命が100歳を超えるという可能性もゼロではないと思います。

老後が続く以上年金収入はあるものの、支出を考える上で平均寿命を前提に考えると「長生きのリスク」というものを認識しておかなければなりません。
やはり、なるべく早い時期からコツコツ資産形成をしていかなければ、60〜65歳以降の老後の生活費を準備するのには間に合わないと思われます。

ゆとりある老後の生活のためにFshares Clubを利用しよう

今この記事を読んでくださっている方の中には

  • 今のうちに老後に備えて資産形成を始めないと
  • でも何から始めていいかわからない
  • 投資は難しそうだし、ある程度の資金も必要。自分にはハードルが高い

このように考える方も多いと思います。

ですが、Fshares Club は初期投資約72,000円から始められます。
さらに1000日運用で2,895万円の利益が想定されます。
2年半ちょっとの運用で約400倍は他の投資案件にない魅力だと思います。
皆さんもFshares Clubを利用して自由な生活を手に入れてみませんか?

登録はこちらから
https://member.fsharesclub.com/signup/152146000?openExternalBrowser=1