注目キーワード
  1. 年金
  2. 老後
  3. 資産
  4. 副業

持ってるだけでコツコツ増えるDPoSとは?最新マイニング方式

マイニング・取引認証方式について

AさんからBさんに仮想通貨の送金が行われた際に、ブロックチェーンに取引履歴を追記し承認して、複数のコンピューターで保有し監視し合う事により、改ざん・不正が行われない仕組みになっております。
※ブロックチェーンとは、インターネット上の取引台帳と思ってください。

この、ブロックチェーンに取引履歴を追記して承認する方法は色々ありまして、総括して「取引承認方式」と呼びます。

マイニングと言う言葉が広く一般的に使われていますが、これはブロックチェーンに取引履歴を追記する作業をすれば、報酬としてその仮想通貨を貰えることから、鉱山で鉱夫が採掘している事に似ているため、採掘=Mining(マイニング)と呼ばれるようになりました。
そして、採掘作業をする鉱夫の事を、マイナーと呼びます。

現在、取引承認方式には以下の方式があります。

  • PoW(Proof of Work)
  • PoS(Proof of Stake)
  • PoI(Proof of Inportance)
  • Poc(Proof of Consensus)
  • DPoS(Delegated Proof of Stake)

各取引認証方式について

PoW(Proof of Work)

ビットコインなど多くの仮想通貨が採用している取引承認アルゴリズムです。

これは、トランザクション(取引)が発生した際に、多くのマイナーが膨大な計算をしてブロックチェーンに取引履歴を追記し承認作業を行います。

しかしこの方法は、最初に取引承認に成功したマイナーのみに報酬が与えられます。

その為、計算処理能力の高い最新の機材を沢山持っているマイナーが有利になりますので、莫大な設備費用が掛かります。

また、その膨大な計算の為にコンピューターを稼働させる訳ですから、電気代も多くかかります。

そして、先を越された他のマイナーたちは、計算に費やした電気代は無駄に終わってしまいます。

 

この様に、PoWは、莫大な設備費用と電気代がかかるうえ、経済的にメリットがあるか疑問視されています。

多くのマイナーが、マイニングの為に膨大な電気を使う事から、環境問題に対する懸念もあります。

 

PoS(Proof of Stake)

PoSは「仮想通貨の保有量」に対して報酬が支払われる方式になります。

したがって、膨大な計算量や電量を必要しないので、とてもエコな方法と言えます。

金持ちがより多くの報酬が貰え、金持ちがより金持ちになる仕組みでもあります。

エコな方法なのですが、問題もあります。

保有していれば報酬がもらえるので、多くの方が保有し続けます。

つまり、通貨としての流通が起こりにくくなります。

その通貨の目的が決済手段であれば、流通が起こりませんので、理にかなった方式ではありません。

目的が流通以外、プラットフォームとしての通貨とか等であれば、良い方式であります。

現在、プラットフォームとしてNo1のイーサリアムは、今後、PoSへ移行していく計画をしています。

基本的に、PoS方式の通貨は、ユーザーが保有し続けるので、価格が安定しやすいとも言われます。

 

PoI(Proof of Inportance)

PoIは、PoSのデメリットを解消した方式になります。

PoSのデメリットとして以下が挙げられます

  • 報酬を受け取るためには、パソコンを常時起動しておかないといけない(電気代がかかる)
  • 保有量のみに対する報酬である(小金持ちは大金持ちになれない)
  • 流通が起こりにくい

PoIでは、報酬を受け取るのは「Importance(重要度)」に基づいており、この重要度は「通貨の保有量」×「通貨の利用度」の2つの要素を勘案して計算されます。

つまり、PoSのように通貨をたくさん保有しているだけでは「Importance」は認められず、その通貨を実際に使って流通させることで報酬を得られる可能性が高くなる方式です。

このように、「保有量のみに対する報酬」と「流通が起こりにくい」と言ったデメリットを解消した方式になります。

ただ、通貨の利用頻度が必要ですので、売ったり買ったりを沢山しなければなりません。

なので、小金持ちが大金持ちになる事は出来ない方式と言えます。

この方式が採用されているのがNEM(ネム)なのですが、NEMは決済通貨としての機能も目指していますので、PoSの考え方を発展させて流通まで考えて設計されていることが伺えますね。

 

Poc(Proof of Consensus)

これは非中央集権型の仮想通貨とは少し異なる性質ともとらえることができるのですが、PoCでは事前に信用力の高い承認者を選定し、その承認者の80%以上が有効と判断した取引だけが認められる方式となります。

PoCの最大のメリットは、その承認時間の早さです。

PoWでは世界中のマイナーが計算を競い合って答えが導かれた結果取引が承認されますが、PoCではそのような時間と労力を必要とせずにより少ない信用力の高い承認主体の判断だけでブロックチェーン上の取引が承認されていきます。

取引の承認が一部の承認者に偏ってしまうため中央集権的だと言われることがありますが、その承認者自体も信用力の高い組織に限定されているため、もちろん無法地帯という訳ではありません。

この方式が採用されている仮想通貨はリップル(XRP)ですが、実際にリップルでは「UNL:ユニークノードリスト」と呼ばれる承認者達が取引を承認しています。

 

DPoS(Delegated Proof of Stake)

さて、今回お題のDPoSです。

本命は最後に登場ということで(^^

DPoSは、PoIと同様に、PoSを改善・発展させた方式となります。

再度、PoSのデメリットとして以下が挙げられます

  • 報酬を受け取るためには、パソコンを常時起動しておかないといけない(電気代がかかる)
  • 保有量のみに対する報酬である(小金持ちは大金持ちになれない)
  • 流通が起こりにくい

PoIでは、「保有量のみに対する報酬」「流通が起こりにくい」と言った問題を改善させました。

DPoSでは、通貨の「保有量」「保有期間」に応じて取引承認を行える確率が高まる仕組みです。

さらに、Delegated(委任)という言葉が表す通り、実際に取引承認を行うのは委任を受けたノードで、委任をする側の人は寝ててもコインが分配されます。

つまり、パソコンを常時起動している必要もなく、保有量が少なくとも保有期間が長ければ長いほどメリットがあるので、小金持ちが大金持ちになれる方式と考えられます。

 

まとめ

以上が、現在存在する取引承認方式です。

最初に登場したPoW方式には、様々な問題を抱えている為、これからPoS、PoI、DPoSなどが普及してくると思われます。

特に、PoSを改善した、PoI、DPoSには注目しておきたいところです。

通貨の目的によって採用する方式も変わります。

流通を目指す通貨ならば、PoI方式を採用するでしょう。

プラットフォームなど流通以外の所を目指す通貨ならば、DPoSを採用するでしょう。

特に、小金持ちから大金持ちになりたい方ならば、DPoSを採用している通貨を保有する事が良いかと思います。

ただ、DPoSだから何でも良い訳でなく、その通貨の将来性を考え、価値が上がるであろうと思うものに、投資をするのが賢明です。